パズル思案 #2

今週はあんまり考えられませんでした!!

すいません!!!!!!!!!!!

と言いつつ少し考えたこと

パズルとは何かを考えていて普段解いているパズルは盤面を埋めると答えになるものが多く、埋めないタイプのパズルはどうやって考えるのかな・・・と思ったんですけど、今の所パズルの何を以てクリアとなすかについては、埋めるものはパズルの空いている部分を埋めればクリアと現状漠然と感じている自分もいたりして、これはなんでだろうと思ったりして・・・。

前アフォーダンスというボタンの形のものって押せと伝えてない?みたいな意味の言葉を見たことがあるんですが、流石にアフォーダンスという専門的な用語をすごい適当な理解しかしてないで書いちゃったので以下の話はこのワードとは関係ないということにするんですが、パズルの空いている部分を見ると、これに関連する何度か経験したことのある行動・・・もうすでにパズルの経験がある場合はパズルの空欄を埋めるとかそれ以外でもなんかの勉強で言えば問題があるので答えを埋めようとかいうような・・・の脳の部分が刺激されてちょっとやろうかなということになるのかしら・・・終わったらクリアしたぜということになるのかしら・・・ならないのかしら・・・という妄想の説を思い付いたりはして・・・。

パズルとは何かは置いておくのですが、さしあたって何を以てクリアとするかにあたって脳の行動したという履歴部分が刺激されてやろうとなるとしてみるならば、現状のパズルではパズルの埋めるべき空欄部分を見て脳の「埋める」という部分が刺激されて解いた場合それが済んだのでクリアしたというように感じるということになるのかなと思うのですが、これと似たように考えて、今は「埋める」となっているカギ括弧動詞「」の部分を変えかつパズル的にそのカギ括弧動詞「」を示唆するものを表示できれば、それを見た人は自ずとカギ括弧動詞「」しようと思ってカギ括弧動詞「」し終えたらクリアしたぜ~という風に感じるかもなあ~と思ったりしました。

まあ別にそうは感じないとか感じづらいとかの動詞もあるかもしれないのでここはさしあたって主観的に自分がそう思うかレベルで良いと思うのですが、日本語に存在する、まあ英語でもいいんですが、動詞を一旦眺めてみておっと思った動詞をテーマにパズルを作ってみると必ずしも全マス埋めるタイプでないパズルを考えるヒントにはなるかなあということで適当にググって出てきた動詞リストでも眺めてみようかなあ~と思ったところで日曜日になってしまいました。うーむ時間の使い方!!!ア!!!!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。