イータイピングで自己べを更新しました。

朝、猫が布団の中に入ってきたので一定時間にゃんにゃんしていました。うーむかわいい。

イータイピングで自己べを更新しました。

タイピングの有名なサイトがあるんですが、そこでの自己ベストが今まで666ptだったんですけどこの度675ptになりました。いやはや、やはり元気ワードしか勝たん。(そんなことはない)

意識したことなんですけど、やっぱりただ早く打つとか余計な事を考えると限りある認知資源の無駄なんだぜ、ってことも有ると思うので、もちろん早く打つつもりではあるんですがちゃんと早く正しく入力できる状態の時に早く打つことを意識するようにしてみました。うーむこれを言語化してみると以下の通りでしょうか。

①正確性

色々のボタンを押すゲームに比してタイピングはそもそも押すべきボタンの数が多すぎるので、正確に打つことの大変さが大変だと思います。まずは間違えずに打つことを優先して良いのかなあ~と思います。ミスタイプって完全に余計な動きなので速さ的にも無い方がよいですよね・・・。自分は完全に正しい動きしかしないんだぜーみたいな気持ちで行くのもよいかもしれません。

①’現在の打っている位置及び次に打つべき文字を把握する

正確性を実現するためにやった意識の配分です。

自分の場合は、今打っているところは一文字単位、次に打つべきところは単語単位ぐらいの認識が上手くいく感じでしたかね。今打っているところを意識から外すとあれ、って混乱してしまうので今どこを打っているかに意識を向けて、次の単語はやや周辺視野という感じで認識しておくと上手く行く気がします。

お題の文字に関してはもちろん練習してある程度は覚えていて認識の負担を減らすというのが良いというか、本当は全部指が覚えているところまで練習できたらいいんですけどなかなか根気が

②そして早く打つ意識をする

上の通りお題が正しく認識していれば次に何を打つべきかが分かります。何を打つべきかが分かっているなら指の動きを小さくするとか手の位置を工夫するとかで早く打とうと思えば間違えなく早く打てるはずです。いや、実際にはやはりミスタイプするんですけどね。

③更に余裕が出てきたらキーボードの文字の位置を意識する

これまでの事がだんだん出来るようになって来ると、意識にも余裕が出てくるので、キーボードのアルファベットの位置を意識すると自分の場合は更にミスタイプが減った(と思います。)

(おまけ)謎っぽいのを作った

良かったら解いてみてね!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。